お金借りる 審査

 

お金借りる審査基準について

お金を借りるにあたっての審査基準は、キャッシングをする人なら誰もが気になるはずです。審査のポイントは、やはり返済能力があるかどうかというところです。

 

金融機関は、利息をつけてお金を貸すことで利益を得ることができます。しかし、利益が出るのは、あくまでも貸したお金を回収できる場合だけです。お金を回収できなければ、利息どころか貸したお金そのものを失う結果になってしまいます。

 

こんな事態が続けば、金融機関はたちまち倒産するしかありません。ですから、キャッシングを申し込む人の返済能力をしっかり確認するわけです。返済能力はまず、年収でチェックされます。

 

また、定期的に収入があるかどうかでもチェックされます。収入を見た上で、キャッシングの申し込み金額を返済できるだろうと判断されれば、無事に審査をパスできる仕組みです。年収がある程度あっても、不定期な収入だと審査に通らないこともあります。

 

キャッシングの返済は毎月あって、ある時払いではないからです。キャッシングの金額にもよりますが、正社員でなくてもOKな場合があります。アルバイトやパートでも、定期的な収入があれば問題なく審査に通るケースも多いのです。

 

確実に返済をするためには、年収と比較して、無理のない借金であることが前提になります。そのため、他社からの借り入れも厳しくチェックされます。審査に落ちるのを恐れて、故意に他社からの借り入れを隠してしまうと大変なことになります。

 

虚偽の申請をすると、今後は他社でのキャッシングの申し込みが通らなくなってしまいます。複数の金融機関から借り入れをしているなら、金融機関の審査を上手にパスするために、おまとめローンなどを利用して一本化しておくといいでしょう。

お金借りる審査の流れは?

お金を借りる審査はどのような流れになっているかをご説明します。金融機関で多少の違いはあるものの、まず最初にチェックされるのが「申し込み者の属性」です。ちょっとわかりにくい言葉ですが、要するに「金融機関がお金を貸しても大丈夫かどうか」ということです。

 

金融機関は返済能力を第一に考えます。しかし、十分な返済能力があるからといって、すぐにお金を貸してくれるわけではありません。たとえば、明らかに反社会的な立場の人であれば、わずかな金額でも貸してもらうことができないのです。

 

万が一、お金を貸したことが判明したら、金融機関は社会的な批判を受けてしまい、大きなイメージダウンにつながるからです。次にチェックされるのが「申し込み者にお金を貸した場合、金利を含めて返済してもらえるかどうか」です。

 

つまり、返済能力があるかどうかを見極められるわけです。そのために、会社での勤続年数が確認されます。

 

同じ会社で長く働いていれば信用度が高く、転職を繰り返す人は信用度が低くなります。また、公務員や国家資格を持って働いていると有利になります。さらに、既婚者、子供なしといった条件がつくともっと有利になります。

 

パートナーがいれば労働力が増えますし、子供がいければ生活費がおさえられるので、返済能力が高いと見なされるからです。最後にチェックされるのが、他社からの借り入れです。

 

収入と合わせて総合的に判断します。1か所の金融機関からの小額のローンであれば、まず問題はないでしょう。しかし、複数の消費者金融で借金を重ねている場合、返済能力がかなり低いと見なされてしまいます。

 

その結果、申請した金額より低い金額しか借りることができないケースも出てきます。最悪の場合、断られてしまう可能性もあります。